hash_bucket()

言語

Posted on: November 25, 2009

ソフト開発プロジェクトの設計段階には色々な資料が必要になりますが、こういう資料を作成する時いつも迷います。何で迷うかといいますと、言語を選ぶ時点です。設計書、要件定義書、アーキテクチャの図などを書く時、どうしても英語が使いやすくて、しかもソフトの開発に使われている用語はほぼ英語が世界共通となっているからです。また、日本語で書いてしまうと、基本的に日本国内しか共有出来ないことになるのももったいない気がします。

一方、英語で書いてしまうと英語の苦手な人には不親切、勘違いやコミュニケーションミスが増えることはよくあると思います。

文書で書かれる資料は日本語で書くべきが、個人的には図や機能の定義書の機能名などは英語がベストだと思います。。。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

.

This blog has no clear focus. It has a focus though, it's just not very clear at the moment...

Dev Env.

Visual Studio 2008 Prof / NUnit / Gallio / csUnit / STools (ExactMagic) / doxygen / dxCore / TypeMock / TestDriven.net / SequenceViz / CLRProfiler / Snoop / Reflector / Mole / FxCop / Subversion / TortoiseSVN / SlikSVN / CruiseControl.net / msbuild / nant

Blog Stats

  • 81,304 hits